みみの症状

耳あか(耳掃除)

耳あかには乾性耳垢(カサカサ耳)と湿性耳垢(ネバネバ耳・ジュル耳・アメ耳)があります。
日本人の約7割が乾性耳垢と言われています。

乾性耳垢の場合も、プールなどで耳あかが水でふやけて膨らみ、耳の穴をふさいでしまうと聞こえが悪くなる場合があります。
湿性耳垢も、耳の穴にたくさんたまってしまうと聞こえが悪くなり、ベットリひっついて自分で耳掃除するのは難しいと思います。

耳掃除は1か月に1~2回で十分で、ご自宅では清潔な綿棒で耳の外側だけをなでるようにやさしく掃除してください。耳掃除は心地いいものですが、過度にすると耳を傷つけてしまう場合があり、外耳炎のほとんどは耳掃除のやりすぎが原因です。

湿性耳垢の方、赤ちゃんや小さなお子さん、お年寄りなど耳あかがたまりやすい方は、だいたい3~6か月に一度クリニックで耳掃除をしてもらうことをおすすめします。

耳あかの除去は立派な医療行為ですので、遠慮なく受診して下さい。

外耳炎とは

耳の入口から鼓膜まで(外耳道)に炎症が起こった状態のことで、かゆみ、痛み、耳だれ,耳がふさがったような感じがすることがあります。ひんぱんな耳そうじや爪でさわることで起こることが多いです。

外耳炎は治療すればすぐによくなります。治療せずに放置しておくと、痛みなどが増し症状も悪化しますので早めの受診をおすすめしています。
治療はまず耳の中をきれいにして、塗り薬や点耳薬を用いて治療します。症状によっては抗菌薬や鎮痛薬を処方して経過観察していきます。

中耳炎とは

鼻の奥にいる細菌が、耳と中耳(鼓膜の奥)をつなぐ耳管を通って中耳に入り、炎症を起こした状態です。

急性中耳炎

かぜなどが原因となり、鼓膜の奥に細菌、ウィルスが入り、膿がたまる病気です。
耳の痛み、耳だれ、発熱などが起こります。原因となっている鼻、のどの治療が重要です。
薬の治療だけで治らない場合は鼓膜を小さく切り、膿を外に出す鼓膜切開をおこないます。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥に液体がたまる病気です。液体がたまると鼓膜の動きが悪くなり、外からの音が伝わりにくくなるため聞こえが悪くなります。急性中耳炎の後や、鼻をすすると起こりやすいようです。痛みはなく耳がふさがった感じが起こります。

小さな子どもさんはほとんど症状を訴えず、テレビの音が大きい、よく聞き返すなどで気づかれることが多いようです。

鼻、のどの治療、通気(鼻から耳へ空気を通す治療)などをおこないます。改善しなければ鼓膜切開をして溜まった液を出したり、鼓膜にチューブを挿入して換気を促す処置をおこないます。

小さな子供さんは症状に応じて冬の寒い時期は積極的に鼓膜切開せず、鼻の症状が落ち着く暖かい時期まで経過を見ていくことが多いです。


突発性難聴とは

ある日突然片耳の聞こえが悪くなる病気です。耳鳴りやめまいを伴うこともあります。 
発症後、約1ヶ月で聴こえは固定してしまう場合が多いので、出来るだけ早く治療を開始することが重要です。ステロイド(副腎皮質ホルモン)、血液の流れをよくする薬剤、ビタミン剤、代謝賦活剤などを用います。

めまいとは

平衡感覚をつかさどる器官は内耳から脳までつながっており、そのどこかに障害が生じるとめまいが起こります。めまいには耳に原因のある場合と、脳に原因がある場合とがあり、頭を動かすとグルグル回る、耳が聞こえづらい、耳のつまった感じがするなどの症状は内耳が傷害されている可能性があります。

聴力検査や眼振検査(眼の動きを観察)をおこない、めまい、難聴の原因を調べます。
めまいがひどい時は注射をおこなう場合もありますが、基本飲み薬で治療します。

老人性難聴とは

体のすべての器官が老化していくように、少しずつ耳の老化、難聴が進みます。テレビの音を大きくする、会話が聞き取りにくい、耳鳴りなどの症状で始まります。

聞こえが悪いままにしておくと、音を処理する能力が低下するため脳の機能に影響を及ぼします。老人性難聴は認知症の発症にも影響を与えるといわれています。

補聴器は耳に入る音を大きくするだけで、言葉の聞き取りは人それぞれ違いがあります。(補聴器を使うタイミングは ‘不自由さを感じた時’ というのが正直な感想です)

聞き返しや聞き逃しなどに身に覚えがあれば、早めに受診し聴力検査をすることをおすすめします。

聴力検査の結果と日常生活、言葉の聞き取りなどから、各種各人に合った補聴器を決定し入手します。

当院は、「認定補聴器相談医」であり、専門店の「認定補聴器技能者」によって補聴器の装用を調整していきますのでお気軽にご相談ください。