舌下免疫療法

舌下免疫療法について

    小学生も舌下免疫療法の適応に

 当院ではスギ花粉症とダニアレルギーの舌下免疫療法(保険適応)を行っています。

適応年齢が「12歳以上」から「5歳以上」に引き下げられ、小学生の治療が可能になりました。


舌下免疫療法は、アレルギーの原因物質のエキスの入った薬をほんの少しずつ体に吸収させて、次第にアレルギー反応を減らしていく治療法です。
花粉症の根治を目指すことができる唯一の治療法で、7~8割の方に効果が期待できます。
すぐに効果の出る治療ではなく、アレルギー反応を起こさない程度の体質になるまでには約3年~5年の治療が必要となります。

①スギ花粉症の舌下免疫療法
 効果が現れるまで少なくとも3か月は必要とされており、スギ花粉の飛散が始まる3か月以上前から治療を始めることが必要です。
スギ花粉の飛散している時期に治療を始める事が出来ないため、飛散が終了する6月~11月に開始しています。

②ダニに対する舌下免疫療法(通年性アレルギー鼻炎)
 季節性の花粉症とは異なり、年間を通して鼻炎症状があるため、治療はいつでも始められます。

まず血液検査でスギまたはダニのアレルギーがあるか診断します。
今までに、血液検査でスギまたはダニアレルギーのあることがわかっている場合は検査結果をお持ち下さい。
検査後アレルギーが確定したら治療内容を説明後、治療を開始します。

同時に複数のアレルギーがある場合、スギやダニのアレルギーの反応が治療によって緩和されても、そのほかのアレルギー症状が楽にならないことがあるため、スギやダニ以外にも強いアレルギーがある方はあまりおすすめしていません。


治療方法は、1日1回、舌の下にお薬を置いて1分間保持しそのまま飲み込むもので、自宅で毎日行います。
ただし、初回の舌下療法は副作用の有無を確認するため院内で行い、30分の経過観察を行います。問題がなければ翌日から自宅で療法を続けます。
その後、1か月毎に副作用の有無など経過をみていきます。
副作用に関しては、口の中がかゆくなったり、腫れたりすることがあります。口の中にアレルギー反応が起こるためですが、ほとんどの場合は一時的で、症状が持続することはまれとされています。


当院でも1~3年の治療経過後スギ花粉症の症状が軽くなり、抗アレルギー薬を減らしたり、不要となった方もいます。
1年中鼻炎症状で悩んでいる方にはおすすめです。


適応の事前検査等は、随時行っていますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。


副作用

  • 口に中やのどがかゆくなる
  • 口の中やのどの腫れた感じ
  • 耳のかゆみ
  • じん麻疹やアナフィラキシーなど全身性の副作用は非常に稀です。

治療の対象とならない方

  • 重い気管支喘息の方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 悪性腫瘍、免疫系の病気のある方