のどの病気

咽頭炎・扁桃炎とは

咽頭とは食べ物の通り道で、鼻や口から声の出る声帯や食堂の入口までの部分をさします。
外からのウイルスや細菌が原因でのど(咽頭)や扁桃に炎症を起こし、のどの痛み、ものを飲み込むときの激しい痛み、扁桃の赤みと腫れ、発熱などの症状がでます。
治療されず悪化した場合、扁桃周囲膿瘍になることがあります。
痛みは鎮痛薬で緩和し、扁桃の膿を取ったり、うがい、点滴などを行います。
通常はウイルスですが、細菌感染の場合もあり、溶連菌感染症による急性咽頭炎・扁桃炎は、学校や家庭などで感染率が高いため、溶連菌の検査を行い、抗菌薬で治療します。

扁桃炎を繰り返したり、扁桃肥大によるいびき、無呼吸がある場合で、扁桃摘出術の適応があれば、対応可能な近くの病院を紹介いたします。


喉頭炎とは

喉頭は空気の通り道の気道の一部で、のどぼとけのあたりにあります。
かぜなどのウイルス感染で喉頭が炎症を起こした状態です。
急性喉頭炎では声がれ、咳、痛み、発熱などが主な症状です。声の出しすぎ、アレルギー反応、たばこの煙などの吸入も原因となることがあります。
消炎剤や鎮咳剤、吸入、水分の補給、細菌感染が疑われる場合は抗生物質を投与します。


口内炎とは

 の中の炎症で最も多いのがアフタ性口内炎です。口の中の粘膜や舌などに、まわりが赤く丸くて白い潰瘍ができ、痛みがあります。
ウイルス、ビタミン不足、ストレス、疲労、体質などが原因と言われています。
入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側を噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬の刺激などが原因で起こる口内炎もあります。
1~2週間で徐々に回復することが多いですが、痛みが強い場合は外用薬の塗布やビタミン剤などの内服で治療します。
体質的に口内炎になりやすい方は、ビタミン不足にならないような食生活が大切です。

初期の舌癌が、口内炎のように見えるときがあります。舌の縁(舌の横側)に2週間以上治らない口内炎らしきものがある場合は、念のため早めに耳鼻科を受診して下さい。   

いびき・睡眠時無呼吸症候群とは

いびきとは、寝ている間に気道(鼻から気管の入口まで)が狭くなることで、呼吸をしたときに粘膜を振るわせておこる音のことです。寝ている時は筋肉も緩んだ状態になるのでより気道がふさがれやすくなります。

いびきは睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状で睡眠中に呼吸が止まり繰り返されることで身体の酸素が減り、脳や身体に大きな負担がかかります。その結果強い眠気やだるさ、集中力の低下がおこります。

いびきの治療は鼻づまりの有無やアレルギーなど正しく判断し、場合によっては治療を経て睡眠時無呼吸症候群の簡易検査へと進みます。自宅で手の指や鼻の下にセンサーをつけ、普段と同じように寝ている間にできる検査です。必要な場合は精密検査を一泊入院できる病院に紹介します。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合一般的にCPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)が行われます。鼻マスクを装着して気道内に空気を送り続けて無呼吸を防ぎます。

当院では在宅の医療会社が対応し、毎月1回の定期受診で経過をみていきます。

癌が心配・・・(咽頭がん・喉頭がん)

声が枯れる、のどに違和感がある、食事が飲み込みづらいなどの症状から 「もしかしたら‘癌’かも・・・」と心配されている方の診療もおこなっています。
咽頭がん・喉頭がんも初期からの症状は、早期がんは違和感のみの場合が多いため、注意が必要です。
検査は喉頭ファイバーという、細い内視鏡で観察し、ポリープや炎症、腫瘍の無いことを確認します。

精密検査、入院や手術が必要と思われる患者さんは、宗像医師会病院、九州病院、浜の町病院、九州大学病院などに紹介いたします。